公開日:|最終更新日時:

業種別の店舗デザイン事例【京都】

このページでは、ホテルやホステル、レンタル衣装展、物販店、オフィスデザイン、ブライダルサロンなどさまざまな業種における店舗デザインの事例を紹介しています。デザインを考える時にはそれぞれの業種ごとに押さえておきたいポイントがありますので、お店をスタートさせる、改装を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

京都のホステルの店舗デザイン

ホテルやホステルはさまざまな人が足を運ぶ場所ですが、多くの人が日々の生活から離れた「非日常」を求めてやってきます。日常から離れた特別感や高揚感を感じたい、お客さまのニーズに応えた空間作りが大切になってきます。もちろんその中でもどのようなホテルにしたいか、というコンセプトをしっかりと考えることは大切です。
コンセプトを活かした上で統一感のある空間作りを心がけることも意識しながらデザインを決定していくことになります。

京都のレンタル衣装店店舗デザイン

レンタル衣装店には着物やドレスなどさまざまな衣類がありますが、何れにしても「お客様が店舗で衣装を選ぶ」ということには変わりありません。そのため、お客さまが着たいと思う衣装を見つけられる空間を作り出すことが大切です。
衣装が魅力的に見える内装にする、衣装が見やすい照明にする、また試着室や鏡の場所など、お客様がゆっくりとレンタルしたい衣装を選ぶ空間を作るといったことがポイントとなってくるのではないでしょうか。

京都の物販店デザイン

物販店の内装デザインで意識するポイントとして考えておきたいのが、まず「売り上げにつながる動線」という点です。例えばお客様の滞在時間をどれだけ長くできるか、またスタッフが動きやすいのはどういった動線かといった点を考えましょう。また、お客様が入店しやすいデザインにすることも大切です。
物販店の場合にはお客様が入店するところから話が始まりますので、中をのぞきやすいような雰囲気のデザインとしてみると良いのではないでしょうか。

京都のオフィスデザイン

オフィスのデザインは来客者からのイメージを左右するポイントになると同時に、従業員の働きやすさも左右することがあります。
そのため、オフィスのデザインを考える際には会社のイメージと合ったデザインになっているかという点に加えて、従業員が働きやすい環境になっているか、またオフィスとして求められている機能をしっかりと備えているかといった部分についても検討する必要があるでしょう。オフィスに何が求められているか一つずつ洗い出してみるのもおすすめです。

京都のブライダルサロン店舗デザイン

ブライダルサロンは、これから結婚式を挙げたいと考えているおふたりが、相談のために足を運ぶ場所です。そのため、そのサロンで相談することによってどのような結婚式を挙げられるかといったイメージができるように、コンセプトをしっかりと反映したデザインを考えると良いでしょう。
また、結婚式の打ち合わせは数回に及びますし、1回あたりの時間が長いこともあります。そのため、おふたりがゆったりと過ごせるようなデザインを取り入れると良いのではないでしょうか。

関連ページ

【京都版】店舗デザイン会社選びの指南書「かわりめ」

  • 業種別の店舗デザイン事例【京都】
  • 飲食店の店舗デザイン事例【京都】
  • 京都で実績が豊富な店舗デザイン会社20選
  • 病院の店舗デザイン事例【京都】
  • サロンの店舗デザイン【京都】
  • 京都でおすすめ店舗
    デザイン会社5選を見る