公開日: |最終更新日時:

物販店の店舗デザイン事例

このページでは、小売店舗やお土産店など物販店のデザインについてまとめています。デザインのポイントはどのようなところにあるのか、という点に加えて事例を紹介していますので、新しく出店や改装を検討されている方は参考にしてみてください。

物販店の店舗デザインで見るべきポイント

売上につながる導線設計

物販店であれば、お客様が商品を手にとって購入まで持っていくのが一般的でしょう。購入までの導線を意識して、店舗設計を進める必要があります。どのような商品を扱うかどうかによって導線設計も異なるため、お店のコンセプトを理解した上で導線設計をしてもらいましょう。

商品のブランディングと合致するデザイン

売上につながる導線の次に重要なのが、それぞれの商品を際立たせる世界観です。お客様が店に一歩足を踏み入れた瞬間からワクワクするような、空間を演出する必要があるでしょう。色味や統一感だけではなく、素材へのこだわりなど、細部までブランディングが必要です。設計にこだわりが見られるかどうかも重要なポイントとなります。

スタッフにも配慮した設計に

売上や商品はもちろんのこと、店内で働くスタッフのことも考えなければいけません。お客様の導線に対して、スタッフが介入しやすい仕掛けにする、休憩室や在庫にアクセスしやすいようにするといった工夫が必要です。働く人を増やしていくという観点では、「ここで働きたい」と思ってもらえる空間にすることも店舗デザインの重要なポイントでしょう。

オフィスの店舗デザイン事例集

内装デザイン

商材の雰囲気に合致したデザイン

レンタル衣装店の事例。沖縄というテーマにあわせた内装イメージはもちろんのこと、壁のコンクリート素材や小物まで、風土にあったものをチョイスしています。非日常となつかしさが共存するデザインです。

親しみやすさのある御朱印帳専門店

木のぬくもりが感じられる親しみやすい内装で、取り扱っている商品にも親しみが生まれます。親しみやすさの中にも、上品さを感じられるようになっており、街の佇まいともマッチする雰囲気となっています。

関連ページ

【京都版】店舗デザイン会社選びの指南書「かわりめ」

業種別の店舗デザイン事例【京都】
オフィスの店舗デザイン事例
アパレル・レンタル衣装店の店舗デザイン事例
教育施設のデザイン事例
ブライダルサロンの店舗デザイン事例
ホテル・ホステルの店舗デザイン事例
京都でおすすめ店舗
デザイン会社5選を見る