京都の病院の店舗・内装デザイン事例

京都の歯科クリニックの店舗デザイン

歯科クリニックは全国にあるコンビニの数よりも多いといわれており、毎年数多くのクリニックが新規でオープンしているといわれています。こうした中で選ばれる店舗をデザインすることは、クリニックの存続に深くかかわる大切なポイントとなります。ここでは、患者さんに選ばれる外観・内観づくりのポイントを紹介していきます。

京都の美容整形クリニックの店舗デザイン

京都の内科/小児科店舗デザイン

内科や小児科の店舗は、来院する対象患者の年齢層や疾患によって内装のデザインがさまざまです。子供向けであったり、高齢者向け、両者向けのいずれにせよ快適に治療を受けてもらうための工夫が必要になってきます。院内の感染対策と安全面の配慮は最優先となってきます。

京都の眼科店舗デザイン

子どもから高齢の方まで、幅広い年代の患者が通っている眼科の店舗デザインについて解説。さまざまな年代が快適に過ごせる空間とはどのようなものなのでしょうか。この記事では、患者に喜ばれる外観や内観のデザインを紹介します。

京都の薬局店舗デザイン

現代の薬局はをもらうだけの場所から、情報収集の場へと変化しています。患者さんのためになるアドバイスやサポートが提供できるような店舗デザインが求められているのです。 疲れた患者さんにより速くより正確にサービスを提供できる設計・店舗のデザインを紹介します。

京都の整骨院/整体院店舗デザイン

整骨院/整体院の店舗は年々増加していて競争が激しくなってきているようです。そうなってくると店舗の見た目からのイメージはとても重要なことのひとつになります。利用者は数ある店舗の中から見た目の印象、つまり店舗デザインで決まるということもあります。

京都の助産院・産婦人科店舗デザイン

産婦人科は出産をするだけの場所ではなく、出産まで何度も通うことになる場所です。さらに、出産を控えた方だけではなく、治療のための通院をしている方もいます。そのような方が足を運ぶことになる産婦人科は、できる限り安らげる空間を提供することが大切といえるでしょう。

関連ページ

【京都版】店舗デザイン会社選びの指南書

  • 京都で実績が豊富な店舗デザイン会社20選
  • 病院の店舗デザイン事例【京都】
  • サロンの店舗デザイン【京都】