眼科の店舗デザイン事例

子どもから高齢の方まで、幅広い年代の患者が通っている眼科の店舗デザインについて解説。さまざまな年代が快適に過ごせる空間とはどのようなものなのでしょうか。この記事では、患者に喜ばれる外観や内観のデザインを紹介します。

眼科の店舗デザインで見るべきポイント

快適に過ごせる空間

眼科は何か目について不安があることから足を運んでいる人がほとんど、という場所です。そのため、院内で何か気になる部分があると、どんどん不安が増加してしまう患者さんもいるかもしれません。
このことから、待合室などは快適に過ごせることが大切。居心地の良い明るいデザインの空間であれば、不安なく診察を待つことができるでしょう。また、中には何度も通院することになる方もいるかもしれませんので、必要なときにしっかりと通院する意識を持てるように、過ごしやすい空間を提供しましょう。

さまざまな年代が過ごせる空間に

さらに、眼科は幅広い年代の患者が通うという点も見逃せないポイントです。近年は小学生でも眼鏡をつけているケースも多いことから、親子連れで足を運んでいるのもよく見かけます。
このような場合でも、子どもが退屈せずに過ごせるようなスペースを作っておくこともひとつの手。子どもが継続的に受診が必要な場合でも、「また行きたい」と感じるようなクリニックであれば、足が遠のいてしまうリスクも減らせるのではないでしょうか。

眼科の店舗デザイン事例集

内装デザイン

清潔感を感じられる白を基調とした空間

京都の眼科内装デザイン例(受付)
引用元:店舗デザイン.COM https://www.tenpodesign.com/work/detail/25988

グリーンに癒される待合室

京都の眼科内装デザイン例(ラグジュアリー)
引用元:店舗デザイン.COM https://www.tenpodesign.com/work/detail/17318

大胆な木目とシンプルな白を使用した清潔感ある待合室

京都の眼科内装デザイン例(待合室)
引用元:MOAI http://moai-design.jp/works/m_494

外装デザイン

おしゃれで洗練された外観

京都の眼科外装デザイン例
引用元:店舗デザイン.COM https://www.tenpodesign.com/work/detail/6198

関連ページ

【京都版】店舗デザイン会社選びの指南書

病院の店舗デザイン事例【京都】
内科/小児科の店舗デザイン事例
整骨院/整体院店舗デザイン事例
歯医者の店舗デザイン事例
薬局の店舗デザイン事例
助産院・産婦人科の店舗デザイン事例