薬局の店舗デザイン事例

現代の薬局はをもらうだけの場所から、情報収集の場へと変化しています。患者さんのためになるアドバイスやサポートが提供できるような店舗デザインが求められているのです。
疲れた患者さんにより速くより正確にサービスを提供できる設計・店舗のデザインを紹介します。

薬局の店舗デザインで見るべきポイント

調剤しやすい導線

疲れた患者さんの待ち時間が少し短くなるように、調剤の時間短縮と効率のよい導線が重要になってきます。薬局では、数名が働いているところが多く、狭い中で調剤と、ミスがないようダブルチェックを行っています。薬はとても小さいですが、人によっては1か月分などあると大量になることもあるため、薬のチェック等ができたり、服薬指導がしやすいようスペースの確保も必要であり、効率的に動けるようなデザインが重宝されます。

また行こうとなる雰囲気

薬局は何度も通院する患者さんが大勢きますので、居心地がよく、また行こうとなるようなデザインづくりが可能です。薬を受取るときは、患者さんの人数によっては待ち時間が長くなることがあり、診察で緊張と疲れや痛みなどを抱えた患者さんが安らげる場所であるべきです。カフェでは、待ち時間が長くなってもとても心地よさを感じます。照明からこだわり、そんなカフェのような居心地のよさを目指したデザインがベターでしょう。

爽やかな清潔感

薬局に抱くイメージはクリーンでクリアです。また、最近の感染症対策も含め、抗菌性の設備や素材を用いた清潔感ある環境を求められています。清潔感があると気持ちがよくなり、ゆとりや落ち着くので、気分がよくなります。薬局は、人がじっと座って待っているだけで流動しなしため、空気が滞るという印象を持つ人もいるため、空気まで清潔に感じれる空間が大事です。

薬局の店舗デザイン事例集

洗練された清潔感のある薬局


引用元:店舗デザイン.COMhttps://www.tenpodesign.com/work/detail/27228

木とカラーで自然が感じられる薬局


引用元:店舗デザイン.COMhttps://www.tenpodesign.com/work/detail/23390

白を基調としたクリーンなイメージ


引用元:店舗デザイン.COMhttps://www.tenpodesign.com/work/detail/21004

関連ページ

【京都版】店舗デザイン会社選びの指南書

病院の店舗デザイン事例【京都】
整骨院/整体院店舗デザイン事例
歯医者の店舗デザイン事例
美容外科クリニックの店舗デザイン事例
内科/小児科の店舗デザイン事例
眼科の店舗デザイン事例