公開日: |最終更新日時:

懐石料理店の店舗デザイン事例

飲食店の集客や雰囲気を大きく左右する店舗の内装はとても重要なポイントです。とりわけ和食店の内装は、お店の魅力を最大限にアピールできるデザインにすることで売り上げアップが期待できます。ここでは懐石料理店のデザイン事例を紹介します。

店舗デザインで見るべきポイント

コンセプトを明確にして素材を選ぶ

懐石料理店といっても、お店によってアピールポイントは様々です。新鮮な海鮮料理に力を入れているなら生け簀を取り入れたり、高級感やあたたかみを重視したいなら、天然木の一枚板を使ったカウンター席、ゆったりく寛げる掘りごたつの個室など、素材とデザインの組み合わせに注意しましょう。

食材が映える、食欲をそそる色味にこだわる

暖色系は食欲を増進させ、寒色系は食欲を後退させる心理的な効果があるとされています。壁やテーブルなどをシンプルでクールなグレーやブルーにするのも良いですが、食欲がなくなってしまう色で統一してしまうのはNGです。照明やのれんなどを、あたたかみのある暖色系に統一したり、柔らかな自然光を感じさせる色を選ぶとよいでしょう。提灯や行灯のように、和風の照明器具を選ぶのも工夫したいところです。

多様なお客様に対応できるユニバーサルデザイン

最近の和食店に人気のデザインは「和モダン」です。和の風情を残しながら、モダンなデザインと融合してオリジナリティのある内装にすることで、外国人もお客様にも入りやすいような工夫がされています。
これからの多様性を重んじる時代には、外国のお客様だけでなく、様々な年代、様々な身体的特徴のお客様に配慮したお店作りが重要です。「誰が来ても居心地がいい店」を目指すことこそが、集客、売り上げアップにつながるのではないでしょうか。

懐石料理店の店舗デザイン事例集

内装デザイン

穴倉風の落ち着いた隠れ家的な店内

天井と壁を自然素材である珪藻土で仕上げた空間は清潔感のある白が基調で、照明も、鮨の新鮮な色味が映える明るさで統一されています。

先斗町のしっとりとした雰囲気に馴染む繊細な格子木が象徴的

格子木の扉をくぐれば、まさに鰻の寝床ともいうべき細長い空間。京都のお茶屋さんの風情を残した小料理屋は 古くからの壁、天井、窓、柱などを生かした情緒あふれる店内です。

横長の店に沿った長い木のカウンターが抜群の存在感

細い路地に沿った隠れ家的な割烹は、木材の表情を残した長いカウンターの存在感が、シンプルな店内で際立っています。

自然の和素材×モダンデザインの融合

老舗の風格と、若い感性に訴える仕掛けをキーワードにデザインされた店内は、和風でありながらモダンなデザインや異素材で遊び心のある空間になっています。 共通のモチーフを使うことで、トータルのイメージを構成しています。

大きな一枚窓から庭園を臨めるカウンター席

石清水八幡宮のそばにあるステーキ割烹は、鉄板を囲むカウンター席は畳と掘りごたつ式で居心地の良い空間。背面の大きな窓から和風庭園が一望できるのも魅力です。

関連ページ

【京都版】店舗デザイン会社選びの指南書「かわりめ」

飲食店の店舗デザイン事例【京都】
京都和食店の店舗デザイン事例
フレンチレストランの店舗デザイン事例
中華料理店の店舗デザイン事例
イタリアンレストランの店舗デザイン事例
パン屋(ベーカリー)の店舗デザイン事例
京都でおすすめ店舗
デザイン会社5選を見る