公開日: |最終更新日時:

日本料理店の店舗デザイン事例

日本料理店にとっても店舗デザインはお客様からの印象を決定づける重要な要素です。このページでは、日本料理店における店舗デザインのポイントと事例を紹介していきます。

日本料理店の店舗デザインで見るべきポイント

料理をスムーズに提供するための内装

和食の特徴として、使用するお皿が多いという点が挙げられます。そのためにも、収納力の高い棚やお客さまへ提供する料理をスムーズに調理・盛り付けできる厨房といったように、余裕を持ってレイアウトを考える必要があるでしょう。いくらお客様がゆったりと過ごせても、厨房の広さを確保しないと提供までの効率が悪くなる可能性もあります。

接待にも使える店舗デザインを

日本料理店は接待の場で使用されることもあります。そのため、周りの人の目線や話し声を気にせずに会話することができる、また資料などを広げたりすることもできるように完全個室も設けたいところ。接待に利用したいと思えるような落ち着いた雰囲気を演出することもポイントであるといえるでしょう。

店舗のコンセプトをはっきりさせる

日本料理のお店を作り上げる上でも、コンセプトをはっきりさせることが大切です。どのような客層をターゲットにしていくかといった点ははじめのうちにはっきりとさせておきたいところです。また、カウンター席を設置したいと考える場合も多いでしょう。その場合には、清潔感のある調理場を演出することが重要になってきます。

日本料理店の店舗デザイン事例集

内装デザイン

シンプルに白を基調とした店内

白を基調としたシンプルな店内のデザインとなっています。余計なもので飾らず、良いものを素直な味付けで提供する同店の特徴を表した雰囲気にしました。また、いつも新しい料理を作るオーナーの人柄も表しているようです。

横桟のない印象的な美しさ

シラカバの木材をふんだんに使い、印象的な日本料理店の内装デザインとなっています。この縦格子は特殊合板の曲げ強度を活かしたものです。横桟をなくしているため、より美しいシルエットになりました。

透かし模様の仕切りが印象的

日本料理店らしい落ち着きのある雰囲気の店内に設置された、透かし模様の壁が人目を引くデザイン。間接照明を設置することにより、さらに雰囲気の良い店内になりました。ゆっくりと食事を楽しめる空間です。

料理と会話を楽しみたくなる空間

L字型のカウンターとテーブル席を設置。カウンターでは料理とお酒とともに大切な人との会話を楽しむことができます。シンプルなデザインに間接照明を設置することで落ち着いた空間になっています。

さまざまな要素が調和したデザイン

桧のカウンターや桐の格子天井、杉の障子の行灯天井など、素材にもこだわりました。さまざまな要素で構成されながらもまとまりが感じられる店内となっています。漆喰の壁や床の敷き瓦も印象的です。

関連ページ

【京都版】店舗デザイン会社選びの指南書「かわりめ」

飲食店の店舗デザイン事例【京都】
中華料理店の店舗デザイン事例
焼肉店の店舗デザイン事例
京都で蕎麦屋の店舗デザイン事例
ラーメン店の店舗デザイン事例
パン屋(ベーカリー)の店舗デザイン事例
京都でおすすめ店舗
デザイン会社5選を見る