公開日: |最終更新日時:

ラーメン店の店舗デザイン事例

ラーメン店は日本人にとって馴染み深い飲食店の一つ。競合店が多いため、味だけでなく店舗デザインでも他店との差別化を図ることが大切です。繁盛店として成功させるためには、一体どのようなことに気を付けて行けばよいのか一緒にみていきましょう。

店舗デザインで見るべきポイント

個性を決める

同じ系統のラーメン店がひしめき合う中で、多くのお客様に来店してもらう為にお店の存在感を出したインパクトのある外装や内装デザインが増えてきている傾向にあります。
まずは、提供するラーメンの味や地域性などを考慮しながら、お店のテーマとなるデザインを決めることが大事。最近ではSNS映えをする店舗デザインも多くなってきています。

床材に配慮する

ラーメン店は調理工程において油や調味料、お湯などが飛び散る作業が多いので、清潔感のある店舗を維持していくためにはお手入れがしやすい内装材にも気を配らなければなりません。
特に床材は目につきやすい場所なので、出来るだけ汚れが目立ちにくい暗めの色や、防水性や耐酸性が高く油汚れなどの掃除がしやすい素材で統一することがポイント!耐久性に優れたウレタン樹脂系の床材や、擦り減りや衝撃などに強い無機質系塗り床材がおすすめです。

換気に注意

提供するラーメンの種類にもよりますが、使用する素材によっては調理中に強烈なニオイが発生する可能性もあります。ラーメン店での換気で最も注意しなければいけないのが、外へ排出したニオイ対策。
厨房の配置場所によっては、近隣から苦情が入ってしまう恐れがあるので排気口の位置を調節したり、人通りの多い場所にニオイが排出しないように、しっかり対策を講じておく必要があります。

ラーメン店の店舗デザイン事例集

内装デザイン

赤・黒・コールドをベースに提灯と暖簾をアクセントにしたスタイリッシュな店舗

ラーメン店らしからぬタイルと木のコントラストがお洒落なナチュラルスタイル

ダルマと着物柄を大胆に取り入れたインパクトのあるファサードが印象的な店舗

ベースカラーの黒と白に映える欄間と間接照明による独創的なラーメン店

関連ページ

【京都版】店舗デザイン会社選びの指南書「かわりめ」

飲食店の店舗デザイン事例【京都】
焼肉店の店舗デザイン事例
日本料理店の店舗デザイン事例
京都で蕎麦屋の店舗デザイン事例
焼き鳥店の店舗デザイン事例
中華料理店の店舗デザイン事例
京都でおすすめ店舗
デザイン会社5選を見る