京都のサロンの店舗デザイン事例

サロンにおける店舗デザインは非常に重要な要素。特に競合のサロンが近くにある場合には、店舗デザインにこだわることによって差別化を図り集客に繋げられる可能性もあります。それぞれのサロン別に、どのようなデザインが喜ばれるのかを紹介していきます。

京都の脱毛サロンの店舗デザイン

大手から個人営業のサロンまで、さまざまな規模の脱毛サロンがあります。また、以前は脱毛サロンは女性が通うものというイメージが根強かったものの、近年では男性専用の脱毛サロンや子どもも通える脱毛サロンも増えているのも特徴。そこでお客様を惹きつける脱毛サロンを作るための店舗デザインについて見ていきましょう。

京都のデンタルサロンの店舗デザイン

口まわりに関する美容目的の施術やリラクゼーションサービスを提供するデンタルサロン。歯茎の美しさやプラセンタなど、口もとのハリなどを意識したメニューを多く用意しているサロンが多く、美しさを求める人が足を運びます。ここでは、デンタルサロンにおいて考えたい内装や外装デザインについて紹介します。

京都のネイルサロンの店舗デザイン

NPO法人日本ネイリスト協会の調査によると、2015年~2018年の間に全国のサロン数は24,450店から28,150店へと増加。店舗を構えた運営のほか、自宅サロンも増えているという特徴があります。店舗型のサロンであれば日常から離れた特別感、自宅サロンであればアットホームな雰囲気など、サロンの形態により重視するポイントが異なってきますので、どのような点を重視したデザインを行うべきか見ていくことにしましょう。

参照元:[PDF]経済産業省|第4回サービス産業×生産性研究会事務局説明資料
https://www.meti.go.jp/shingikai/mono_info_service/service_sangyo/pdf/004_03_00.pdf

京都のヘアサロンの店舗デザイン

厚生労働省の調査によると、2019年3月末時点における全国の理美容サロン店舗数は37万0193店。多くのサロンが軒を連ねる中で、お客様を呼び込み定着させる要素として店舗デザインが重要なポイントとなるでしょう。そのためには、まず自身がどのようなデザインにしたいのかというコンセプトを決めるのが大切。ここでは、ヘアサロンの内装・外装を考える際におさえておきたいポイントを解説します。

参照元:[PDF]厚生労働省|令和元年度衛生行政報告例 生活衛生関係
https://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/eisei_houkoku/19/dl/kekka3.pdf

京都のエステサロンの店舗デザイン

エステ業界は、正確な店舗数に関するデータが少ない業界ではありますが、その多くが中小企業または個人店であるという特徴があります。さらに比較的参入しやすい業界であることからも、他のサロンとは異なる、お客様を集められるような店舗デザインが重要になってきます。ここでは、サロンに通うお客様が特別感を感じられるような店舗デザインを紹介します。

京都の日焼けサロンの店舗デザイン

日焼けサロンは大型店舗が少なく、20〜30坪前後の店舗が多い点が特徴のひとつ。日焼けサロンは、日焼けマシーンが必須ではあるものの、その他のシャワールームや待合室などの内装デザインを充実させることにより、他のサロンとの差別化を測ることができます。ここでは、お客様の目をひく日焼けサロンの内装デザインについて見ていくことにしましょう。

関連ページ

【京都版】店舗デザイン会社選びの指南書

  • 京都で実績が豊富な店舗デザイン会社20選
  • 病院の店舗デザイン事例【京都】
  • サロンの店舗デザイン【京都】