公開日: |最終更新日時:

ヘアサロンの店舗デザイン事例

店舗デザインというものは言わば、お店の看板あるいは広告の役割も担っており、どんなビジネスにおいても集客を大きく左右する要素になりますが、ことヘアサロンにおいては、その重要性が一段と高くなります。極端に言えば、いくら美容師さんのスキルが高くても、外観が見すぼらしい感じでは、集客アップは難しくなります。このページでは、ヘアサロンにおける店舗デザインのヒントをご紹介します。

ヘアサロンの店舗デザインで見るべきポイント

ターゲットユーザーに合わせる

ひと口にヘアサロンの店舗デザインと言っても、どのような方向性にすべきかは、いくつもの選択肢があります。それを決めるにあたり重要なのは、どのユーザーをターゲットとしているかを、明確にすることです。

例えば繁華街に立地していて若年層をターゲットとするならば、キラキラした内装や非日常的な空間演出といった方向性が考えられます。一方、住宅街に近い立地で、大人をターゲットとするならば、落ち着きや洗練さ、モダンな雰囲気といった点を重視すべきです。店舗デザインはどのターゲットユーザーをメインに見据えるかによって、作るべき方向性も変わってきます。この点は、しっかりと踏まえておくべきです。

広さと動線を考慮

美容室というものは一作業室の面積が13m²以上であること、置くことのできる美容イスの数は床面積13m²の場合は6台まで、それ以上は1台増やすごとに3m²増やす必要があります。

それゆえ、店舗デザインの際は、作業台の数や動線をどれだけ確保するかといったことも予めしっかり想定しておくことが重要です。優良な業者であれば、プランニングの際に、そうしたことも考慮した提案をしてくれるはずです。

セットと費用のバランス

ヘアサロンの内装デザインでもうひとつ重要なのが、設置する美容イスやシャンプー台、備品を入れるワゴン台などが、店舗の雰囲気とマッチするデザインのものを取り揃える必要があるという点です。例えば近未来的な内装なのに、木目のイスやワゴンではちぐはぐさを感じてしまいます。

内装デザインを検討する際は、内装工事にかかる費用だけでなく、そうした統一感のある備品を揃える費用についても、バランスよく考える必要があります。とりわけシャンプー台は費用面で高額になるケースが多いため、注意が必要です。

ヘアサロンの店舗デザイン事例集

セット台(内装)

吹き抜けを活かした地中海サントリーニ島を思わせるサロン

光の取り込みで圧迫感のない仕切り空間

ドレープカーテンのような壁、まるみのある形状のミラー、空間を締めるライン、など随所にこだわりが隠れるサロン

花嫁の白い衣装が映える計算されつくしたブライズルーム

ホワイト&ブラックのコントラストによって、スタイリッシュかつ洗練された雰囲気を演出

壁、床、天井それぞれを違った表情に仕上げることで、非日常的な特別な空間に

シャンプースペースとカットスペースを、それぞれ異なる雰囲気に区分け

大理石とブラック&ホワイトのコントラストにより、近未来感漂う空間に

梁や戸棚、鏡の枠に木目をあしらい、ナチュラルハウス的に演出

シックで落ち着いた雰囲気と、カラフルな色づかいを巧みに融合

シャンプー台(内装)

リラクゼーション空間を実現したシャンプー台

棚で仕切られた個室のようなシャンプー台

待合室(内装)

自然光が綺麗に入る待合室

大胆な斜めラインで空間の印象を大きく変えたサロン

外観

全面ガラス張りの魅せる外観デザイン

隠れ家のようなクールな外観デザイン

関連ページ

【京都版】店舗デザイン会社選びの指南書

サロンの店舗デザイン【京都】
京都でネイルサロンの店舗・内装デザイン
デンタルサロンの店舗デザイン事例
脱毛サロンの店舗デザイン事例